みやけじまのじんじゃ

三宅島の神社

富賀神社 をはじめ  延喜式内社 十二社他  三宅島内に ご鎮座する神社 の

公式ホームページです


 三宅島の富賀神社には、伊豆諸島を造り発展させたといわれる神さまがお鎮まりになり、島内には、その御后さまや王子さまをお祀りするお社など多くの神社がご鎮座しています。延喜式内社、つまり千年以上前から大切にされてきた神社が十二社もあり、神話の時代から現在に至るまで、壬生家が神主としてお仕えして参りましたことが伝えられております。神話は『三宅記』(三島大明神縁起)として知られ、神話にまつわる伝説や神事芸能も伝わります。島の神々はまた、大むかしから人々が 噴火や湧き水、海などの自然をおそれ、ありがたく思う気持ちをもって大切におまつりしてきた 神さまたち でもあるようです。神話や実際の境内などに、神仏習合の痕跡が今にのこっていることも、島でのあるいは’島へ’の 切なる祈りを 感じることができます。以前は 神主を補佐する数人の「社人」もお仕えしていました。現在に至るまで「禰宜元」のお家がお仕えしているお社もあります。また、特に御笏神社や壬生家のある島北部には神道を守るお家が多く、御笏神社境内に建つ祖霊社にて御先祖様をお祀りしており、神さまは 身近な存在といえます。

 富賀神社の夏の大祭では、御神輿が隔年で島内五地区の神社等へお泊りになりながら六日間かけて一巡りし、三宅島全島をお守りくださいます。この「富賀神社の巡り神輿」は平成二十四年に東京都無形民俗文化財に指定されました。これからも益々、島の伝統を未来へ伝え、島の繁栄の礎となるでしょう。



◎お知らせ◎

2022-6-1 令和四年の牛頭天王祭は、感染症の影響で中止と決まりました。

※神着郷土芸能保存会の神着木遣り太鼓の稽古は、再開されています。

2022-5-25 御笏神社では、地域の皆さまにお集まりいただいて、毎月一回 境内のお掃除を しております。多くの方にお越しいただき、三宅島の神社を身近に感じていただけたら 嬉しいです。お子さまや、三宅島に赴任されているご家族にも、たくさんご参加いただいています。お掃除の日のご連絡は、現在のところ SNSを用いております(ご案内はこちらからどうぞ→外部サイトへ移動します)。

ホームページ内容を一部更新しました。

2021-12-6 御祈祷のお申込みのお電話が繋がりにくいという御意見を賜りました。誠に申し訳ございません。

お申込み方法を一部変更いたしました(お問合せフォームよりご相談が可能です)リンク集の情報もぜひご覧くださいませ。

2021-06-01 本年予定されていました 富賀神社 夏の大祭における御神輿の渡御(富賀神社の巡り神輿)、牛頭天王祭は、感染症予防のため中止となりました。次回の富賀神社の神輿渡御は令和五年、本年と来年は八月四日に夏の大祭(拝殿内での神事)を行う予定となっております。

2020-08-15 公式ホームページを開設しました。すべての神社のご紹介を目指し、随時更新し充実させてまいります。

公開にあたり、島内外の皆さま、どうぞよろしくお願い致します。サイトに関するご意見・ご助言ぜひお願い致します。



とがじんじゃ

富賀神社

三宅島の神社信仰の中心となる神社で、伊豆諸島の総鎮守ともいえます。「阿米都和氣命神社」として延喜式内社に数えられ、古墳時代の土器や勾玉、古代の鏡などが境内から発掘されています。

大明神のお供の神さまと壬生家の祖先の合わせて四社もお祀りしています。

<御祭神>

事代主命(ことしろぬしのみこと)

(三島大明神)

伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)

(御后神)

阿米津和気命(あめつわけのみこと)

(御子神)

おしゃくじんじゃ

御笏神社

「佐伎多麻比咩命神社」として延喜式内社に数えられます。『三宅記』によると、三島大明神が助けた箱根の三姉妹の末で、元は島の北東にご鎮座していましたが、永正十三(1561)年に神託により現在の地へ御遷座したとされます。多くの合祀社・境内社があり、牛頭天王神社もその一つで、毎年賑わう「牛頭天王祭」はここで行われます。

<御祭神>

佐伎多麻比咩命(さきたまひめのみこと)

(大明神の御后神)

にのみやじんじゃ

二宮神社

「伊波乃比咩命神社」として延喜式内社に数えられます。御笏神社の御祭神の姉にあたり、その第二王子さまもお祀りすることから「二宮」とよばれているといわれます。

現在坪田地区の中心にご鎮座し、多くの合祀社・境内社があります。かつてのご鎮座地は大路池の近くです。毎年正月に御刀様が巡る若菜祭では、二宮神社を訪れ直会が開かれています。

<御祭神>

伊波乃比咩命(いわのひめのみこと)

(大明神の御后神)




島内には、この他にも数多くの神社がご鎮座しています


しいとりじんじゃ

椎取神社

「志理太宣神社」として延喜式内社に数えられ、佐伎多麻比咩命(御笏神社の御祭神)の八王子のうち「したい」とよばれる王子さまをお祀りします。

平成十二年の噴火で拝殿と鳥居が埋まり椎の森が枯れてしまいまいたが、脇に新しく建てられ、森も再生してきています。奥には御本殿が、聳え立つ岩の陰にお祀りされています。

<御祭神>

志理太宣命

(しりたきのみこと)

(大明神の御子神)

きさきじんじゃ

后神社

伊ケ谷地区にある、大明神の御后神をおまつりする神社です。写真は旧社殿。

 

ごさいじんじゃ

御祭神社

伊豆地区、薬師堂に隣接する神社です。鳥居の正面には薬師堂が建ち、右手の石段をさらに登った上にお社があります。

あらしまじんじゃ

荒島神社

阿古地区にあり、隣接する神輿堂は、富賀神社の巡り神輿では最初に御神輿が泊まる場所です。